代表挨拶

イベント警備のパイオニアとして、安心して過ごせる社会に貢献していきます。

謹んで新年のご祝詞を申し上げます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。 お得意様をはじめ、お世話になりました協力会社の方々にも深く御礼申し上げます。

さて昨今は少子高齢化、人員不足による労働力の低下という大きな流れにどのように対処していくかということが課題となっております。
『財は人なり、人は財なり』というように、人口減、労働力減の今こそ、ひとりひとりの社員と会社が向き合い、お互いを理解し高めていく努力が必要だと思われます。
警備という特殊な職業で安全と安心というサービスを提供していくためには経験と感性、そして信頼できる人財が不可欠です。
一人一人を『人財』として大切に育成し、社員が長く会社に勤めることが出来れば、お客様とも末長いお付き合いをしていくことが可能だと考えております。

東京オリンピック、パラリンピック開催まで残すところ1000日を切りました。
IOTやAI、ロボット化が進んでも『人』でなければできない仕事があります。
人でこそできる仕事のプロフェッショナル企業として、積極的に人財を育成し、社員がやりがいを持って続けられる会社作りを進めていく所存でございます。

オンリーワン企業を目指し、平成30年が更に良い年になりますよう祈念致しまして、新年の挨拶とさせていただきます。

元日

代表取締役社長 伊藤英人

ページ先頭へ